siceのTCGdiary

遊戯王 MTGの為の記録

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sice

Author:sice
HN:sice
twitter:sice319
年齢:21
主に遊戯王とMTGの日々の葛藤、日記を載せていきます。

活動場所 長野県
TEAM:No Time Works
member :トルテ 
    :夏目
    :NEA
    :サイス
    :ガルフィー
    :マペット
大会結果 使用デッキ
2011年
関東CS 3-1 チーム戦 墓地BF
長野CC ベスト16 チーム戦 墓地BF
j-speedCS 2-2 カオスラビット
綾瀬遊戯CS 1-1 チーム戦 暗黒界
長野CS 2-2 チーム戦 ドラグニティ

2012年
長野CS 3-1 チーム戦 甲虫装機
LinksCS 1-2-1 チーム戦 インゼクータ
長野CS 3-1 個人ベスト32位置 カラクリギア
JDC 1-1-2 チーム 予選落ち 甲虫装機

MTG
闇の隆盛岡谷ゲームデー 10位WBトークン 3-2
2012GP横浜 NO CAW 1-3

リンクフリー

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今年みた映画上半期評価
2011年 評価10段階

1月 「ソーシャル・ネットワーク」 評価7
感想:ある大学生がひょんなことから今では有名なSNW「フェイスブック」を作るまでの、トラブルや人間関係を細密に再現した作品。とても勉強にもなるし、人間関係うまくしていくのも難しいなと思った。

3月 「ナルニア国物語 第三部」 評価5
感想:第二部でナルニア国に入れるのは、ルーシーとエドマンドだけになってしまったが、第三部では、親戚の家にいたユースチスというあらたな登場人物も登場する。
カスピアン王とともに東の海を目指して航海する。カスピアンの父の友である7人の偉人たちを探す航海中、さまざまな不思議な島・出来事に出会う。
原作とはかなり違うみたいで、あれなんですがいつもどおり微妙。なんかよくわからん。
ロード・オブ・ザ・リングやハリーポッターのように目的がないので一話一話で話が終わってしまうし、結局次ぎからは、ルーシーもエドマンドも出てこないw

   「ジャンプHEROES」 評価5
感想:トルコとワンピースが半分ずつ。内容は、普通に面白いけど短編だからまぁ5で。
    ただゾロがかっこいい

4月 「オールライダー仮面ライダー」 評価5
感想:半券みるまでみたことすら忘れていたw。
本当にすべての仮面ライダー出てくる。そして最後の必殺技が面白い。ストーリーもまぁまぁいい。

   「名探偵コナン 沈黙の15分」 評価6
感想:いつもながらありえないアクションをしょっぱなみせてくれるコナン君w
ストーリーは、結構よくて、複雑な人間関係が絡んでいた事件。だけど犯人が反抗しないタイプの事件だったので若干もりあがりに欠けるが、蘭ちゃんが最後必死にコナンを助けるところが良かった。

6月 「プリンセストヨトミ」 評価6
感想:とても面白いストーリーで引き込まれる。大阪国という国が本当に存在するのかそれを追求していって最後がよくわからんw

   「X-men ファーストクラス 評価8
感想:X-men三部作を全部みていたからこそのこの評価。チャールズの過去の話で、いろいろな事がわかってとても面白い。いろんなミュータントも出てきて、アクションもあり男性ならだれしも面白いとおもうはず。

   「SUPER8」 評価9
感想:アルマゲドンやクローバーフィールドなど手がけた監督の作品。
主人公・ジョー・ラムを含む六人は、自主制作のゾンビ映画を作るため、スーパー8mmカメラを持って線路のすぐ近くで撮影をしていた。そして、思いがけないことに映画の撮影中に線路上でアメリカ空軍の物資を運んでいた貨物列車と線路を走っていた一台の車が激突し、後の大事故となる。そして何かが逃げ出した。
ストーリーがまず神。若干ホラーでもあり、恋愛もあり、ドキュメントでもあるみたいな感じ。
最後がとても感動する。宇宙人と通じ合い、うまくいっていなかった父との関係と通じ合って生きていこうと決意する。いい作品です。上半期MVPは「SUPER8」。

DVDでみた作品
「ウォール・ストリート」 評価7
感想:簡単に言えば1人の証券マンの周りにおきる出来事のはなし。
とても深い人間関係や株取引、裏切りなどとても見て意味のある作品だった。
最後はどういう人生を選ぶのか、最後が良かった。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。