siceのTCGdiary

遊戯王 MTGの為の記録

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sice

Author:sice
HN:sice
twitter:sice319
年齢:21
主に遊戯王とMTGの日々の葛藤、日記を載せていきます。

活動場所 長野県
TEAM:No Time Works
member :トルテ 
    :夏目
    :NEA
    :サイス
    :ガルフィー
    :マペット
大会結果 使用デッキ
2011年
関東CS 3-1 チーム戦 墓地BF
長野CC ベスト16 チーム戦 墓地BF
j-speedCS 2-2 カオスラビット
綾瀬遊戯CS 1-1 チーム戦 暗黒界
長野CS 2-2 チーム戦 ドラグニティ

2012年
長野CS 3-1 チーム戦 甲虫装機
LinksCS 1-2-1 チーム戦 インゼクータ
長野CS 3-1 個人ベスト32位置 カラクリギア
JDC 1-1-2 チーム 予選落ち 甲虫装機

MTG
闇の隆盛岡谷ゲームデー 10位WBトークン 3-2
2012GP横浜 NO CAW 1-3

リンクフリー

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 遊戯王  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

why not?
ふと考える、何故勝てないのか。
LinksCSでは、2-2の予選落ち。

カードゲームは、運が絡むから勝てない試合があるのは当然だが当然ではない。
何故なら土俵は平等だし、遊戯王ならYP、MTGならプロが何故存在するのか?
それは、その人が勝つ考え方を独自で持っているからだ。

その考えに行き着くには、それこそ調整と経験とそこから見えるものによる代物だろう。

大会上位のデッキレシピを見ることは出来るけどそれをコピーして、それを回し慣れただけでは絶対に勝てない。

例えばインゼクータだが、レシピに違いがあるところがある。
サンダーブレイクと鳳翼の爆風
カーDとカードガンナー
ダムドと開闢
グルフとホーネットの枚数
etc
いろいろな違いがある。
これらは、何故違いが出るのか知らずにそれを入れると言うのは明らかにお門違いである。

さらに言うと今のデッキのセオリーである強欲で謙虚な壺すら考え方によっては、3積みは怪しいのかも知れない

それと自分は、負けることを恐れている部分がある。
これは当然の事かも知れないけど、相手に勝つことしか考えていないのかもしれない。
勝ちにこだわり過ぎるということは
、セオリーを鵜呑みにしていると言うことにも繋がると思う。
そのせいで相手のプレイなどから学ぶ事が出来ていない。

LinksCSの時もそうだった。
LinksCSより前の東京CSの結果を見るまではリビングデッド型のインゼクータだった。
しかし、自分はその結果を見るやいなや東京CSの結果のレシピの型にしてしまった。
理由はわかったがあさはかすぎた。
自分のセオリーを持たなきゃ駄目だと
こうして振り返ってみると、いつもコピーデッキのメインを2枚ほど違うものに代えたようなデッキしか使っていないように思える。
調整の末それになったのならいいものの、何度かやってみてなんとなく程度で代えたものに意味はない。

また遊戯王は長くやっているため逆に狭まった考え方に陥りやすい。
MTGはまだやっている間が短いので構築に幅がでる。そのカードがどこまで通用するのかわからないから。
遊戯王は、すぐ使いづらいとか意識してカードプールを狭くしてしまう。


次の大会出るまでただ勝つという意識を捨て負けて、細部に渡るまで調整してみようと思う。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。